アートメイクメイクレッスンアートメイクスクールまつげパーマスクールアートメイク体験レポートQ&Aサロン案内メニュー案内

アートメイクブログ

HOME
アートメイク
Before&After
メイクレッスン
Before&After
まつげパーマスクール
アートメイク体験レポート
よくある質問
サロン案内
メニュー案内
お問い合わせ

« 2017年08月 | ブログトップに戻る

2017年11月29日

最近話題のファンデーションブラシ

[20171129]ブラシ大小正面修正後.jpg 
ブラシにコシがあってフカフカです

修正後.jpg
ファンデーションがピタッとキメに密着します

[20171129]アップブラシ大.jpg

[20171129]小ブラシ修正後.jpg
小さいブラシは目の周り、鼻、口元のカバーに◎

「最近話題の歯ブラシ型ファンデーションブラシ」

手やスポンジを使っても、厚塗りになってしまったり、ムラができてしまったりファンデーションを綺麗に仕上げるにはテクニックが必要です。

スポンジや指使いが苦手な人でも、均一にファンデを塗りやすい歯ブラシ型ファンデーションブラシ、ブラシにコシがあってフカフカで肌当たりがとっても気持ちがいい。
リキッドファンデーション、パウダリーファンデーションのどちらにも使えます。

ファンデーションを塗る時に、ブラシで塗るのとパフや指で塗るのではどんな違いが出るのかと言うとブラシを使うメリットはしっかり毛穴やシミを隠すのにスッピンの様に見え色ムラなく透明感のある肌に仕上げる事が簡単に作れるというところです。


「パウダリーファンデーションをブラシで仕上げる方法」

パウダーファンデーションはパフやスポンジではなく、ブラシを使うととても軽い付け心地でムラがなく透明感が出ます。

メイク前にきちんと保湿をし、乾いてからファンデーションを塗り始めます。
乾いていない状態で塗り始めると、パウダーファンデーションが乾いていない部分にたくさんついてムラになってしまいます。

まずブラシにパウダーファンデーションを含ませ、一度余分についている粉を軽く落とします。肌がきちんと乾いているか確認した後に、頬→額→鼻・口まわり→目のまわりの順で伸ばしていきます。
パウダーファンデーションが肌によく馴染むように内側から外側にブラシを小さく回転させるようにつけていくのがコツです。

しっかりファンデーションを塗りたい場合は、肌の上にブラシを置くようにつけます。
シミやニキビ跡をカバーしたい場合は、小さいブラシを使って肌に置くようにつけると上手くカバーできます。

リキッドファンデーションの場合はパウダリーファンデーションとは使い方に少し違いはありますがとっても簡単です!

☆メイクレッスンモニター募集 (7,500円 税込)
  メイクレッスン前後の写真を当サロンHPに掲載可能な方。
  レッスン内容は通常のレッスンの簡易版になります。

☆プロフェッショナル・メイクモニター募集 (無料)
  当サロンのホームページにプロがメイクしたお顔のビフォアアフター写真掲載可能な方。

 「もっとキレイ」発見のチャンスです! 皆様のご応募お待ちしております。